なのはなこども園

〒910-0145

福井県福井市下森田藤巻町201番地

お問合せは
お電話で0776-56-1600

©2022 なのはなこども園

なのはな

NEWS お知らせ

全て

2024.06.12
活動報告

どろんこ遊び 始まりました!

子ども達の大好きなどろんこ遊びの季節になりました!先日、今年初めてのどろんこ遊びをしましたよ😁    園庭に出てきたのは4歳児ぞう組さん🐘「裸足だと歩くの痛いな~」といつもと違う土の感触を足で感じながら・・・そ~っと外へ 水を汲んだり、スコップを使って遊んでいるうちに・・・足の裏のことも忘れて夢中になって遊び始めました👀  「うわ~どろどろになってきた~!」さらさらの砂からどろどろの泥になるまでの変化を手で触って楽しむ子ども達♪水を含むと重さも違うことにも気づいたようです!これは大発見!! こちらは3歳児きりん組さん🦒「お水入れてもすぐになくなっちゃう~💦」どうしたらいいかみんなで考えて、協力して水を運ぶことにしました! 「やったー!池が出来たー🙌」作った小さい池に足を入れるとひんやり「気持ちいいいね~」と順番に足を入れて感触を味わっていましたよ♪ こちらは5歳児らいおん組さん🦁「みんな砂かけてー!!」と遊びもダイナミックになってきます! どろんこ遊びも年齢によって遊び方も違うようです。水、砂、土・・・自分でさわって確かめながら全身で感触を楽しむことができました😌五感で感じながら遊ぶどろんこ遊び・・・これから子ども達がどんなどろんこ遊びをしていくのか楽しみです!

どろんこ遊び 始まりました!

2024.05.30
園長のつぶやき

「園長先生、パンジーのお花取ってもいい?」~自分たちで環境を作って~

園庭で色水遊びをしていた女の子が「園長先生、パンジーのお花取ってもいいですか?」と尋ねにきました。「何するのかな?」色水と分かっていながら苦しまぎれに聞くと色水遊びに使いたいということがわかりました。「ごめんね。パンジーのお花はまだ少ないから違うお花で作ろうね。」と言いながらも職員で色水遊びの用具を準備したものの色の出る草花をもっと考えていかなければと反省。 みんなで話し合って園庭の草花の環境が整うまで、先生たちでお家にある花を持ち寄ることにしました。 また、色水遊びに使えるように、4歳児の子ども達が『自分たちで朝顔を育てよう』という話になり、担任の先生のお家にあった種をさっそく植えることにしました。 今年の4歳児さんも色の出る花(=朝顔)を植えることをよく考えてくれていますね。5歳児は、チューリップの球根をとって来年の春に向けて冬に植えてもらうために球根を4歳児に引き継ぎました。 そして、遠足で行った水族館を行けなかった小さいお友達のために保育室に作ってくれて『らいおん組水族館』に招待してくれました。遠足前の事前指導としての魚作りもありましたが何といっても実際に遠足で体験してきた後の水族館作りは自分たちで見て体験したことがどんどん広がっていったようです。自分たちで作った水族館の環境が小さい子たちの笑顔に繋がり、そして何より5歳児自身も楽しんでいてキラキラと輝いてました。   雨上がりの5月の避難訓練が終わった後、それぞれの年齢・クラスでの様々な遊びが展開されていておもしろかったです。 4歳児は朝顔植えの後、5歳児が植えたひまわりや夏野菜が大きくなったのを見て、「元気になあれ!」「おおきくなあれ!」と声かけしていました。また、じゃが芋の紫色の花を見つけて「かわいい!」「むらさきのおはなだね。」と喜んでいました。 避難訓練は裸足で逃げたこともあって、雨で溜まった大きな水たまりで「ぴちゃぴちゃ」と水たまりの感触と音を先生も一緒に楽しんでいました。 0歳児と1歳児はお散歩に行って見つけてもらったびわの実やきんかんの実の匂いを嗅いで、フェンス越しにお兄ちゃんお姉ちゃんに見せていました。 遊戯室では2歳児がのびのびとミニトンネルや友達と車の押し合いしながら遊ぶ姿が見られました。   5歳児の保育室を覗くと、夏祭りの和太鼓のリズム打ちをとても意欲的に声を掛け合いながら楽しんでいました。        

「園長先生、パンジーのお花取ってもいい?」~自分たちで環境を作って~

2024.04.24
園長のつぶやき

やさしさがあふれて💕~わくわくの年長組さん~

昨年度年長組になることの喜びと意欲を胸に新入園児のために植えたチューリップの芽もひとつふたつと可愛い花を咲かせたように新年長さんとしてのやる気がみなぎっているように感じられる今日この頃です。 じゃが芋植えに始まりお花の水やり、花壇の草取りと毎日意欲的に頑張ってくれていますね。 年少さん年中さんが見ている中、とても上手にじゃが芋を植えることができました。「がんばれ!」のかけ声が自然と沸き起こり、張り切って植える姿がとても印象的なじゃが芋植えでした。  今年は、園創立から三年目で初めて園庭の桜も花を咲かせてくれました。そんなけな気な桜の花にみんなで感動したことが、自分たちで植えたチューリップの水やりやパンジーの水やり、そして花壇の草取りをしてくれる植物への優しさにつながっているようです。 年長さんになったことへの喜びがいろいろなお仕事をすることで園で一番大きいクラスとしての自覚にもなっているようです。 新入園児歓迎会は短い時間でしたが小さいお友達へのちょっとしたしぐさに(例えば、手をつないで椅子に座るときに不安で手を離さない新入園児の手を自分からは離さずにじっと待ってあげている姿)溢れ出る優しさを見たようでした。 そして、水やりや草取りのお仕事をした後も、晴れの日は毎日のように、『リレーごっこ』を楽しんでいる年長さん。私も思わず大きな声で「がんばれ!がんばれ!」と声をかけているといつも畑仕事をしているご近所の人も一緒になって「がんばれ~!!」と応援してくれていました。「今年も園の前の田んぼの田植えはされるんですか?」と尋ねると「どうぞ、子ども達とまたオタマジャクシのたまごを見に来てくださいね。」と言ってくださいました。 地域の人とのつながりの有難さを子ども達と共に味わっていく新年度にしていきたいと思っています。 先日、年長さんと園庭にひまわりの種を植えました。夏に向けての楽しみが増えました。毎日水やりをして芽が出てどんどん大きくなりそらにむかって真っすぐに伸びていくひまわりの姿を一緒に見ていきたいなと思っています。   今年最後の一年となる年長さん。さらに心も体も大きく成長していくためには、いろんなことを経験していくことが大事になると思っています。嬉しいこと楽しいことだけでなく、辛い思いや悔しい思いも経験しながら葛藤を繰り返し強くなっていきます。ひまわりの花のように夏の青空に向かって真っすぐに伸びていって欲しいです。そして、ひまわりのような明るい笑顔とそして優しく温かい心を持って欲しいという願いを込めて「大きくなあれ!大きくなあれ!」と言いながら植えました。    

やさしさがあふれて💕~わくわくの年長組さん~

お問合せはお電話で 0776-56-1600